貴金属を売りたいあなたへの耳より情報

貴金属、買取査定の前の耳より情報サイト

Pickup Site

ピンクダイヤモンド
ピンクダイヤモンド
ピンクダイヤの産出量は、通常の無色透明のダイヤの0.01%、しかも1カラット以上の大粒は世界で年間で数十個、2~3カラットクラスになると数個しか採掘されないといわれています。

レッドダイヤモンド
レッドダイヤモンド
レッドダイヤはその存在すら知らない人が殆どの『レア中のレア』ダイヤです。

オレンジダイヤモンド
オレンジダイヤモンド
最高級の色合いのものは『パンプキンダイヤモンド』との愛称がつけられることもある、かわいいカラーダイヤです。

あなたの近くのダイヤモンド

家の中に眠っているダイヤモンド類は結構、多いものです。どこの家にもあるといっても過言ではありません。片方なくしてしまったイヤリングやデザインが古くなった指輪やネックレス、ピアスをあけてしまったのでイヤリングはもう使わない、など箪笥の奥には使用しなくなった貴金属がかなりの数眠っています。そんなダイヤモンドを無駄に眠らせていることなく有効に利用するために、あなたの近くの貴金属店を注意してみてみてください。ダイヤモンド買取という看板を掲げている店舗があるはずです。ダイヤモンド買取は質店や貴金属店などで行っています。特に金は長きにわたって世界で通用するものです。

デザイン云々に関係なく、溶かして金塊にすることができ、思っている以上に価値のあるものなのです。家の隅々まで探すことで相当数の貴金属を見つけることができます。それらを闇雲に質店や貴金属店の買取に出してしまうことはお勧めしません。まずは2~3店舗で物を見てもらって見積もりをとりましょう。最近ではインターネットでの見積もりもできるようになっているので、相場を知るために、先にインターネットで下調べすることも大事です。貴金属の買取についてある程度知識があるという風に思われることは大事なポイントです。

インターネットで自分が所有している貴金属類を買取するとした場合の相場を大体、把握したら、実際に質店や貴金属店に2~3軒訪ねてみます。査定する人もお店によって異なりますし、新人やベテランで見る目が異なってくるものです。査定するスタッフから貴金属についての知識や情報を入手することも大切です。ひとつめの質店での査定スタッフと2店目の質店の査定スタッフが必ずしも同じ物に対して同じ評価をするとは限りません。その物に対するスタッフの評価や見どころを聞き出して、次の質店に持ち込むときは、前の質店で言われたことも考えながら比べることが大切です。

いくつか品物があると、Aはこちらの質店の方が高く買取ってくれたけど、Bについてはほかの質店のほうが高く買取るというようなこともしばしば見られます。単なる品物に対する評価がスタッフによって異なることで生じる差の場合もありますが、質店が欲しがる物はお店によって異なります。その質店にものを置くことで、次に流すことができるかどうかということが質店にとっては大切なことです。ですので、質店によって訪れる顧客の客層が異なるので、欲しがる物に違いがでてきます。質店それぞれの特徴を吟味して、質店が欲しがるようなダイヤモンドを持ち込むこともポイントです。